寝るときにおすすめの着圧ソックス人気ランキング3選

 

立ち仕事の後や、夕方になると気になる、脚の疲れやむくみが気になりますよね。

 

「着圧ソックスの効果あるおすすめが知りたい!」」とか、

「着圧ソックスやレギンスのリアルな口コミが知りたい!」とか、

「着圧ソックスやレギンスの、夜用昼用は同じなのか?」とか・・・

 

そう思っているなら、私が今まで、数々の着圧ソックスやレギンスを試しまくった中から、「むくみ改善効果、ダイエット効果、疲れ改善効果」などで、効果を実感したモノだけを、着圧ソックスおすすめランキング!として、詳しくリアルな感想を、ご紹介しますよ!

「就寝時の夜寝る時用」と「日中時の昼用」の、それぞれ「厳選TOP3」として、リアル口コミも併せてお話ししますっ!

参考になると思いますので、読み進めてみて下さいね。

 

夜用着圧ソックスの効果的な使い方

ここからは夜用着圧ソックスの効果的な使い方を見ていきましょう。

正しい位置で履く

初めての夜用着圧ソックスだと履き方がわからず、中途半端な装着状態になってしまうことがあります。たとえば、かかとの部分がズレていたり、膝があっていなかったり。着圧ソックスはきちんと装着した状態で効果を発揮する設計ですので、これだと効果が半減してしまう恐れもあります。そのため、夜用着圧ソックスはきちんと履くようにしてください。

慣れないうちは、ソックスを裏返してしまい、かかと部分を合わせてから徐々に戻していくといいですよ。この時、曲がったり、しわが出来ないよう気を付けてください。夜用着圧ソックスはかかとから履くことをしっかり覚えておきましょう。

昼間まで着用しない

夜用着圧ソックスは就寝時に着用するよう作られた商品です。日常生活で着用する着圧ソックスは別に存在しますので、使いまわさないようにしてください。もし就寝時ではなく仕事中などに着圧ソックスを使用したいのなら、昼用や仕事用の着圧ソックスを購入しましょう。夜用とは圧力などが違ってきます。

夜用着圧ソックスに頼り過ぎない

効果的な使い方とは少し違いますが、夜用着圧ソックスが万能アイテムではないことを忘れないでください。確かに適度な圧力によるむくみ改善効果を持ちますが、それだけでは不十分なこともあります。むくみは運動不足や塩分過多から発生しますので、夜用着圧ソックスの着用と共に適度な運動なども取り入れましょう。

 

寝るときにおすすめの着圧ソックス人気ランキング3選

1位 キュッとルームソックス

 

キュッとルームソックス

/履くだけで脚痩せ\

今ならお得な値段になるキャンペーン中♪

キュッとルームソックスの評価
効果
(5.0)
履き心地
(4.5)
料金
(4.5)
総合評価
(5.0)

太ももふくらはぎが寝ている間にスッキリする、むくみ改善ソックスです。段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。また、シアバター・オリーブオイル・シルクアミノ成分などの美容成分を配合しており、スベスベ足へ導きます。さらに、太ももまでしっかりカバーできる超ロング丈。

>>  公式サイトはこちら

キュッとルームソックスを使ってみた動画【レビュー】

キュッとルームソックスの購入はこちら >>

今ならお得なキャンペーン中です(お急ぎ下さい)

 

2位 寝ながらメディキュット

寝ながらメディキュットの評価
効果
(4.0)
履き心地
(4.0)
料金
(4.5)
総合評価
(4.5)

菜々緒さんが登場するCMで話題のメディキュット。女優やモデルさんも使っている人が多く、カバンに入れてどこでも持って行きやすいのでおすすめです!

 

3位 メディソックスナイト

メディソックスナイトの評価
効果
(4.0)
履き心地
(4.0)
料金
(4.0)
総合評価
(4.0)

Youtuberである「てんちむ」が、その美脚効果をYouTubeで紹介されて話題に。

寝てる間に履くだけで、美脚効果を得られる夜用の着圧ソックス。そのスタイルアップ効果を実感している人は、なんと98%!

着圧ソックスを選ぶたった3つのポイント

  1. 履いて締め付けがきつくないソックスを選ぶ
  2. ショートタイプ・ロングタイプの2種類から選ぶ
  3. 自分の脚にフィットするサイズを選ぶ

 

① 履いて締め付けがきつくないソックスを選ぶ

締め付けが強い着圧ソックスは、長い時間の着用に向きません。

1日中履いていても、容易く着用できる着圧ソックスを選びましょう。

着圧の力は「hpa(ヘクトパスカル)」という刻みで圧力値が表記されております。 数値が拡大されるほど、圧力が強力になります。

部位  適切な圧力(hpa)
足首  20~30hPa(ヘクトパスカル)
ふくらはぎ  10~20hPa(ヘクトパスカル)
太もも   5~15hPa(ヘクトパスカル)

上の表の圧力であれば、程良い締めつけで長時間の着用ができます。

 

② ショートタイプ・ロングタイプの2種類から選ぶ

着圧ソックスには、ショートタイプとロングタイプの2種類があります。

着圧ソックスの引き締めに自信がない方は、ショートタイプの着圧ソックスがおすすめしたいと思います。

ロングタイプ 太ももまでしっかりサポートロングタイプ ロングタイプの着圧ソックスは、足首から太ももまで引き締められます。

現在では、ロングタイプの着圧ソックスがどの女性にも人気のようです。

  • ふくらはぎのむくみを重点的に取りたい方
  • まだ着圧ソックスを着用したことがない方

はショートタイプがおすすめ!

着圧ソックスの製品によって、履き勝手のいいオープントゥ(つま先が開いているもの)の着圧ソックスが存在します。

靴下によく知られている、つま先が爪で破れてしまうなどの心配が介入しません。 特にパンプスなど、足先が空いている靴でも問題なく着用できます。

 

③ 自分の脚にフィットするサイズを選ぶ

着圧ソックスのメーカーによっては、大きさ展開のない着圧ソックスがあります。

それ故、着圧ソックスを購買したのにゆるゆるで、加圧が感じられない購買者がいるそう!そうならないために、大きさ展開が豊富か、伸縮性の高い着圧ソックスをピックアップする事が必須です。

しかも色彩が豊富だと、選択の余地がある楽しさと履く楽しさが増加しますよね。

 

↑ 着圧ソックス人気おすすめランキングに戻る